八百長★野郎 (kamipro books)
八百長★野郎 (kamipro books)
posted with amazlet at 08.12.14
kamipro編集部
エンターブレイン
売り上げランキング: 38141
おすすめ度の平均: 2.5
1 あのさあ
4 個人的には「マッスル大全」が読みたい


『マッスル』を主宰するプロレスラー・マッスル坂井の処女作。
プロレスとは何か、エンターテイメント、ガチ、ヤオ・・・日本のプロレス界があいまいにしてきた部分を、坂井本人だけでなく、いろんなな論客のインタビューを通じて論じされていきます。
個人的にプロレスとは『鍛え上げた肉体を持つ人間同士の技の攻防を通じて人々に感激を与えるスポーツショー』だと思っていますので、そういう点においてはプロレスというものについては、坂井選手の考えに非常に近いイメージを持ってて、ウンウン納得できる部分も多く、坂井選手の語り口が面白くて本を読みながら爆笑してしまったことも多かったです。
ただそれ以外となると、マッスルを見たことがない人のインタビューとかが目立ち、たいして面白くない章もあったことは否定しません。
本全体が、ミスター高橋の“暴露本”や、WWEの映画が話題の中心になってて、もっと『マッスル』について掘り下げてほしかったなぁと思わずにいられませんでした。


評価は★★★☆☆と、辛めにしておきます。