☆新聞記事等を参考に、市の施設計画につき、再度、考えてみたいと思います。

   解り易くするため、要点のみ記載します。何度でも説明します。

---公共施設・総合管理計画の基本方針---☆---

●「財政削減を目的」に、100を超える施設を、2050年頃までに半減する。

● 半減方法は、機能集約を図り、施設を複合化建設する。-「縮充」と言う。

 - 複合化 - 一つの施設のなかに、様々な公共機能の構成要素を配置し形成する。  

● 施設寿命を従来の60年から、更に「長寿命化」を図る。

 -高 浜 -「70年」。  他の碧海四市は更に「80年、90年を目標!」

---施設管理の実態-------☆---

市庁舎は、組織を分離し、「縮充」に反している!

市庁舎は「リース20年」。建設費は、施設単独建設の倍額-30億円は財政負担増!

   - 施設長寿命化への対応は「リース延長か、方針不明」。解体説もあるそう?

市役所の組織分割は「組織効率が悪化。施設維持費は倍増!」

   - 反縮充の施設分割の利点・効果の説明は無し!

高小は、「建設費50億円」と財政の削減効果は無い!  市民説明も無し! 

   - 翼小建設費-16億円。埼玉複合-23億円。市の説明換算-30億円相当⇒なぜ50億か? 

⇒「要求仕様書」に建設予算の記述無し。青少年ホーム跡地利用も同様に記載無し!

  <つまり「予算上限無し」の建設計画を業者さんに提示しているのです。工事費は天井知らずの請求し放題。こんな美味しい話が今時あるもんですね!  財政削減は当然無理です!>

   - 新高小の計画も、校舎・体育館・公民館と別棟の単独建設では財政削減出来ません!

⇒「見積方法」も「建設方法」も不適切です!  これでは「財政削減」は出来ません!

民間分院に経営移譲し「10年で30億円補助見込み」。「更に建替え補助23億円!」 

   - 財政削減効果は無し。市民への説明無し!  (実態をご存知無い市民の多さに驚きです)

---財政削減は本当か?---☆---

建前は「財政削減」。実態は「建築計画は、予算指標が欠落!  更に集合建設方式! 」

市民説明せず、施設管理方針にも合致しない施設建設を強引推進は不可解です!

---市民無視の市政-------☆--- 

市民に、丁寧な、納得できる説明を省かれ、

 行政と議会だけで強引推進は、ありえない施政です!

財政削減効果の無い施設建設も、ありえません!  

 

 市民無視の市政は 改めるべきです!

★これが高浜の施設計画の実態です!   高浜の未来を決める大切な局面を迎えています!

  後世の市民に誇れる施政に正すべきです!