昨日の演習の発表は、まぁ、付け焼き刃的作業をしていたのでやっぱりというか当然というか、とにかく”アヤシイ”発表となってしまった。レジュメの日本語の表現がおかしくておかしくて…読んでる本人が「?」って思うレジュメって一体(笑)

おまけに内容もいまいちとれて無くて、スカスカだった。先生が設定した演習の目的の一つ、「意義ある読書」にたどり着くまでにはほど遠い。なんつーか、こう、洋書をもっと読めるようになる方法は無いだろうか。

洋書事始は映画から―英語で読みたい原作60選 (生活人新書)

洋書事始は映画から―英語で読みたい原作60選 (生活人新書)

  • 作者: 上岡伸雄
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
↑これはどうなのかなぁと思うんだけど、よくよく考えてみたら今テキストとしている洋書って映画とか小説とかと全く関係ないんだった(ノ∀`)ある程度専門的な本を読むにはやはり文法とか単語とか基本的なところからやり直すしかないか。

終わった後で先輩とか受講生(実を言うと参加メンバーは私を含めて4人。しかもそのうち1人が先生。つまり学生は3人で、私以外がこういう洋書を読み慣れている人たちなのである。)にコツを聞いてみると、「わかるところからまず読んでみる」「わかるところを中心に訳してレジュメを作る」と、そんな内容の回答をもらった。なるほどなー。できる範囲からこつこつとやっていくことが重要なのか。改めて自分の作ったレジュメを見直したら、難しいところを無理に訳していた。だから日本語が変だったのかもしれない。

幸いにも今年分の発表は今回でおわり。残りは来年。それまでに地道にやっていこうと思います。