ロンドンのパルが送ってくれたチョコレート、

中にハンドクリームや入浴剤も混ざっていた。

分けていたつもりが、私も適当にわけたので、

間違えてまして…

夫がかじった。

14794498840.jpeg

ホワイトチョコレート!ではなく、入浴剤です、

ものすごいラベンダーの香りがする。

おかしいと思うでしょ?このきつい香りは!と

驚いたけれど、

本物のチョコレートの中にラベンダー入りがあって、

英語でChocolateと書かれてあっても

夫もこどもたちも手を出さない。

私は食べてみたけれど、

チョコレートにラベンダーを入れる意味が分からない!

という味でした。

そんな彼女へ、日本からほしいお礼を聞いたら、

「やっぱり、アレかな。」と恥ずかしそうに言う。

「あれって、やっぱりあれ?」と聞き返すと、

「ボーイズラブにはやっぱり抵抗ある?」と聞かれた。

何度も言うけれど、抵抗は全くない!

ボーイズラブには興味も関心もないけれど。

彼女は前に私が送った本の続き、ということで

タイトルまで彼女の指定。

”second-hand"(中古)でいいから、というので、

それなら1冊の値段で全4巻揃うわ~と3冊購入。

その本が今日、届いた。

14794498680.jpeg

(画像が暗いですが)

そして、それを持ってきてくれた配達員さんに

年賀状の営業をされた。

郵便局員の友人のノルマに貢献すべく今年も

300枚の注文をあちこちからとった私、

「いえ、もう買ってしまって…」と伝えたら、

「配達員でもノルマがあって、窓口とは会社が別で…」

と訴えられ、

この配達員さん、うちの地域に長く配達していて、

いつもの配達員のおじさんが休みの日はこのおじさんで、

ポストまで往復5分ほど歩くのを面倒くさがる私の手紙や

ポスクロのカードを頻繁に快く預かってもらっている…

ということもあり、「20枚でいいですか?」と、

ちょっとだけ貢献。

郵便局員の友人には秘密にしておかなければ。

いつも行く郵便局、郵便局員の友人の郵便局、配達員さん、

どこでも年賀状の営業をされたけれど、

パイの奪い合い…。

書く枚数は減っていくし、大変なんだろうなぁ。。。

私は今年もパルたちにせっせと年賀状を出そう!


にほんブログ村